リハビリテーションで活躍する看護師

リハビリテーションにおける看護師の主な業務内容は、患者の日常生活動作を円滑に行うためのリハビリのサポートです。また、患者の日々の健康状態のチェックや症状の観察、そして日常生活の介助なども業務内容に含まれます。リハビリテーションに特化した医療機関には、重症の患者が多く、看護スキルに加えて介護スキルも求められるのです。つまり、食事や排泄の介助、体位変換、移乗補助といった介護士の業務を補うことになります。看護師は、患者に対して生活をサポートすると同時に、生活の質を向上させる役割も担うのです。

リハビリテーションに特化する医療機関の目的は、患者の機能回復です。そのため、看護師は患者に対して適度なリハビリを行い、できることを1つずつ増やしていくことが重要になります。たとえば、ベッドから介助なしで1人で起き上がれるようになったら、次は廊下まで歩くといったように、機能を回復させるための目標を決めるのです。また、患者の情報を療法士と共有し、リハビリテーションに活かしていくことも欠かせません。

リハビリテーションの分野で活躍する看護師は、通常の医療機関とは多少業務内容が異なります。通常の看護師のように医療機関で働く場合には、採血や簡単な処置を行いますが、リハビリテーションでは主に患者の機能回復をサポートを行います。このように、リハビリテーションでの看護師の業務内容は、患者の生活と機能回復のためのリハビリテーションをサポートすることです。詳しくは[リハビリ看護師のお仕事]というサイトでも語られているので、こちらにも目を通し、リハビリテーションで活躍する看護師を目指してみてはいかがでしょうか。