患者への接し方には十分配慮しよう

看護師は、多くの患者と接することが多い仕事ということもあって、十分に配慮することが大切です。そこで、患者に対しどのような接し方をするべきなのかを、あらかじめ把握しておきましょう。病気や怪我などの症状について心配している患者は、少なくありません。

そこで、患者と向かい合うときは、明るい態度で接することがポイントです。看護師がイライラして不機嫌そうな態度をしていると、患者を不安にさせてしまいます。そうなると、患者が通院しにくいと感じてしまう可能性があるので要注意です。常に笑顔をキープして、患者が話しやすいと感じるような接し方を心がけましょう。また、病院には乳幼児から高齢者まで、さまざまな年代の患者が訪れます。子どもが警戒心を抱かないように優しく話しかけたり、年配者に敬意を表すような態度を心がけたりして、年代ごとに接し方を変えることも大切です。

なお、勤務中に困ったことが起きた場合には、ただちに医師や先輩の看護師に相談しましょう。なぜなら、患者や家族と接しているうちに、トラブルが発生するケースもあるからです。中には、セクハラやパワハラなどを受ける場合もあるので、十分に気をつける必要があります。もしも、勤務に支障が出るようなトラブルに巻き込まれたときは、すぐに病院の責任者に相談する方法が有効です。担当を変えてもらえる可能性があるため、適切な対処をお願いしましょう。決して泣き寝入りをせず、毅然とした接し方をすることも欠かせません。