看護師が仕事をするうえでの喜び

患者の命を預かり、生死が身近にある現場で昼夜を問わず働いている看護師の仕事は、肉体的にも精神的にも非常につらいものがあります。しかし、そんな大変な看護師だからこそ、味わえる喜びややりがいもあるのです。看護師の業務内容といえば、基本的に病気や怪我で苦しんでいる人たちの身の回りの世話をすることでしょう。病気や怪我などで思うように体を動かせない患者の日常生活をサポートし、患者が快適に療養するための手助けをするのが、看護師の役割なのです。

患者が回復して退院する場面では、いつもそばにいてサポートしてくれた看護師にありがとう、お世話になりましたと、感謝の言葉がかけられることが少なくありません。患者が退院するときは、病気や怪我が治り、住み慣れた自宅に戻れることから安心し、笑顔になる人が多いです。患者の笑顔や嬉しそうな顔を見たとき、看護師は今までの苦労や疲れが吹き飛ぶくらい、喜びや達成感を感じることができるでしょう。

看護師というのは、患者のそばに寄り添い、介助やケアをして患者を元気付けることが務めです。患者の元気な姿を見て、仕事を続けてよかった、困っている人を助けることができたと大きな喜びを感じることができます。看護師の仕事そのものは大変ですが、患者や家族を精神的に支えられる看護師は、医療の現場においていなくてはならない存在といっても過言ではありません。患者にとって看護師はとても大切な存在ですが、一方で看護師も患者の笑顔に支えられています。